初めての方でも分かる競馬の楽しみ方

突然競馬を始めたい、という方はこのご時勢なのでなかなかいないかもしれませんが、
レジャーとして依然一定の人気があり東京競馬場などは家族や友人で連れ立ってやってくる人も大勢います。
そうなると当然初心者もいる訳で、そんな競馬初心者にとって役立つ知識をいくつか紹介します。

まずマナーとして、競走馬は基本的に非常に繊細な生き物なのでパドックやレース中に驚かすような行為、
注意書きや立て札を持った職員、警備員も沢山いますが、カメラのフラッシュは危険防止の意味でも禁止となっているので注意しましょう。
次に、折角なら馬券を購入して応援したり少し遊んで行きたいところだと思いますが、
馬券というのは勝ち馬投票券の略で現在は100円単位で購入する仕組みとなっており、様々な賭け式があります。
最も的中しやすいのは8頭立て以上の3着以内1頭を当てる「複勝式」で配当も安いことが殆どですが、
勝たなくてもいいのでレースも充分に楽しめます。
或いは1着を当てる「単勝式」なら、人気になっている馬や好きな馬を買って応援出来、
場合によってはそこそこの配当が付くので初心者にもお勧めです。
歴史的には単勝しかなかった時代もあるので競馬は単勝という年配のファンも少なくありません。

その他にも帽子の色に注目してもらえば8色に分けられていることに気付くと思いますが、
例えば16頭立ての場合1番2番は白、3番4番は黒という風に分かれていてこの2頭もしくは3頭を1つの枠として考えるのが「枠番連勝式」。
馬券の枠連で1着2着を到達順位に関係無く当てるものです。
枠連のいいところは同じ枠の狙っていた馬の隣が勝ったりした時でも的中になることでこれも当たりやすい馬券の一つです。
この他にも2着までの2頭を馬の番号で当てる「馬連」や正確に1着2着を当てる「馬単」、3着以内2頭を当てる「ワイド」、
3着までの3頭を当てる「3連複」と3着までの到達順通りに当てる難しい反面高配当も飛び出す「3連単」などがあります。
色々な馬券の購入方法がありますが、初心者の方は予想の的中率を上げるために、
インターネットで競馬情報を集めることも一つの方法かと思います。

また、初心者には一番意外かもしれないことが競馬場によって右回りと左回りがあること、
芝コース以外に砂の上を走るダートコースがあることです。
更に天気が悪くても通常は行われているということも驚かれるかもしれません。
天候で中止となるのは台風や大雪、近くで雷を伴い安全に施行出来ない場合なので、
観光で足を運ぼうとしているような時には特に延期や中止になりやすい真冬は避けるか、各ホームページ発表や
天気予報に注意してスケジュールを組むようにして下さい。